楽釣工房では、小魚用しゃくり機、わかさぎ用しゃくり機、Picマイコン制御による自動しゃくり機(しゃくりパターン制御)、赤外線リモコンの応用回路(電気機器のON/OFF、温度制御、リモコンに依る数値設定など)、電子回路について書いて行きます。

 ブログの投稿記事に画像データを多く使用している為、他の投稿記事を読む事に不便をかけると思われます。
従って、投稿記事の前文をブログで公開し、全体の記事は ホーム・ページ [ 楽釣119 ] で公開する事にしました。
ホーム・ページ [ 楽釣119 ] では、今までの記事の内容を整理し、内容の不具合を修正し、又、記事の追加をして、ホーム・ページで公開しています。
  
___________________________________________________________________________________________________________________

2010年12月20日月曜日

ワイパー・モーターの電圧制御 / 定電圧インバーター制御

一般的に、しゃくり機のスピードのコントロールは、巻き線型抵抗器をモーター回路に直列に入れて、電圧をコントロールするやり方が多いと思いますが、つい、うっかりして抵抗器を焼いてしまう事があります。
抵抗器は意外と高価で焼いてしまうと、配線を逆にして何とかできますが、何度も修復できません。
そこで、電子回路に依って電圧をコントロールすれば、失敗も無く、軽快に釣りを楽しむ事が出来ると思います。
ここで、紹介するユニットは,
「可変型定電圧インバーター」です。
可変型定電圧ICと違い、ほとんど発熱をしません!。又、ショート等による故障もほとんど有りません。
価格が安いので、安心して使用できます。だいたい
 定電圧インバーター・ユニット 

1000円前後です。
写真で紹介している物は、現在発売されていないと思われます。が、同程度の物も有るので次のサイトを訪問して確かめて下さい。

秋月電子・・・>こちら

但し、組み立てキットなので、半田ごて等で配線しますので、心得の有る方は使ってみて下さい。
電圧可変範囲 4~25Vです。






売り切れの場合、

放熱器付DCDCコンバータ 単体ユニットを参照して下さい。



5 件のコメント:

Hatsuo さんのコメント...

big-handさまへ
ふとのぞいたブログでしたが感動しています。数年前から秋月のDCDCを使ってニシン釣りしています。間欠リレーを使ったり色々していますが・・・
big-handさまはサーボモータを使ってプログラミングまでしているとは!!驚きです。貴方はすごい。私の師匠としてブログ参照させてもらいます。
  カツオ

big-hand さんのコメント...

RE:Hatsuoさん
私のブログへ訪問していただき有り難うございます。
少しでも参考になる記事があれば嬉しく思います。数日前にもこのDC/DCインバーターについての問い合わせがありました。
北海道では、このタイプのしゃくり機を自作して釣りを楽しんでいる人がたくさんいますが、形などは違っていても、基本的にはどれも同じだと思います。
マイコン制御のしゃくり機を試作しては、改造の繰り返しですが、より良いものを求め過ぎるのかも・・・

困った事など相談にのりますので、御意見などをよろしく・・・

クリオネ さんのコメント...

初めまして 私も昨年から自動シャクリ機を使っています。ただ、自分で作成したんのではなく知人の知人に作成してもらったものです。
安く仕上げるために中古のバッテリーと中古のモーターを使っています。それはいいのですが、問題はスピードを変更するところですが、に鉛筆くらいの太さの軸にニクロム線(?)をまいてあり、そこに鰐口クリップで位置を変更しスピードを変えています。しかし、そのニクロム線らしきものが不安定であり、また使い勝手もよくありません。ネットをいろいろ探し、やっとここにたどり着きました。必要な部品は秋月電子から購入できるようですが、私は全くの素人で接続方法がわかりません。
 プレートの裏側の接続方法と言うか、配線の仕方を説明していただければ幸いです。

kaz kan さんのコメント...

初めまして。ワイパーモータを使って自動昇降型のベッドを作ろうと試みているものです。
その際にあなた様のブログを見つけました。今後とも宜しく御願い致します。
ワイパーモータに関して質問があるのでメールさせていただいてもよろしいでしょうか?
宜しく御願い致します。
かん

big-hand さんのコメント...

こんにちは、ご返事が遅れてしまいました。
ワイパーモーターを使って重い物を動かす必要がある場合、モーター電圧を調整してスピードを調整する事は無理です。(変速ギヤーを使う場合は別です。)
このようなモーターの場合、電圧を落とすと極端にトルクが小さくなってしまいます。
そこで、PWM制御方式を使うとトルクを落とさずにスピードを可変する事ができます。

詳しくは、メールにてご相談下さい。